厳選ヨーヨーサイト様新着記事

    タミヤショップオンライン

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ヨーヨーオフィサー クレヨン レビュー

    今回はリワインド福袋に入っていたヨーヨーオフィサーのクレヨンをレビュー。

    ヨーヨーオフィサーは中国のメーカー。

    中国のヨーヨーメーカーといえばC3ヨーヨーデザインやゴッドトリックスなどがあります。

    どこも低価格ながら質の高いヨーヨーを発表していて、特にC3ヨーヨーデザインは今一番波に乗っている中国メーカーなんじゃないかと思います。

    さて、そんな中わたくしの手に今あるのがヨーヨーオフィサーのクレヨンなわけですが、まずは画像から。



    CRAYONのOの部分とロゴの前後が手書き風のハートになっていて可愛らしい。

    全体的にシンプルなつくり。

    カラーはアシッドウォッシュのブルー・グリーンになります。

    次は横の画像。



    ボディはラウンドシェイプ。全体的に丸くなっていて厚みがあるのでキャッチする時に手が痛くなりにくい。

    直径は54mmなので、フルサイズまではいかないぐらいかなっていう大きさ。ぎりぎりミドルサイズになると思います。

    実際持ってみると手触りは金属って感じです。

    最近はブラスト加工やらなんやらでスベスベサラサラなヨーヨーが多いですがこれは金属って感じです。←二回目

    振ってみると傾きにくいし、スリープ力もあるし普通に使えるヨーヨーです。

    初期搭載されている曲面加工ベアリングもDif コンケイブベアリングには劣るものの、良い働きをしてくれます。

    ただ、振っていて重さが少し気になる所ではあります。

    クレヨンが約67.5g、ヨーヨーファクトリーのシャッターが67.9gとなっていますが、形状の違いからか、シャッターの方が軽く感じる気がします。

    自分的に気になったのはそのぐらいでして、高いクオリティを醸し出してるのに4,990円とびっくり価格なので5,000円以下のフルメタルを求めている人は候補に入れておいてもいいヨーヨーだと思います。

    シンプル形状が好きな人におすすめです。

    トラックバック

    コメント

    コメントを残す

    Secret



    <PR>
    ホビー・フィギュア通販

    検索フォーム

    プロフィール

    104

    Author:104
    年齢:30代
    出身:東京
    趣味:ヨーヨー、読書、一人旅
    ヨーヨーに特化したサイトyoyoreviveの管理人をやっています。

    ヨーヨー経歴

    2010年
    20代後半にして初めてヨーヨーに触れる
    (その時はハイパーヨーヨー)

    2010年
    仕事等が忙しくなり基本トリックを覚えたあたりで終了

    2013年6月頃
    再びヨーヨー熱が高まりトリックの練習と共にプラやメタルなど手当たり次第に収集を始める

    2013年10月
    yoyoreviveの運営を開始
    (2014年11月現在休止)

    2013年12月
    サブカルremixを立ち上げる

    2015年
    現在に至る

    最近のお気に入りヨーヨー
    クラウン


    コメントはお気軽にどうぞ!

    リンクはご自由にどうぞ!

    リンク報告、相互リンク依頼、その他問い合わせについては以下のメールフォームをご利用ください。
    返信が必要な場合は後日ご連絡させて頂きます。
    yoyorevive、サブカルremix専用メールフォーム

    ランキング参加中

    ランキングサイトに参加しています。
    よかったらポチッとお願いします!

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    最新記事

    国産ヨーヨーメーカー一覧










    最新コメント

    最新トラックバック

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。