厳選ヨーヨーサイト様新着記事

    タミヤショップオンライン

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    BLACKさんの「好き」をつらぬこうを読んで

    今回はBLACKさんの「好き」をつらぬこうを読んで思ったことを。

    表紙はこちら。



    2001年、2007年のヨーヨー世界チャンピオンで、現在ヨーヨープレイヤーとしては史上初のシルク・ドゥ・ソレイユの登録アーティストとなっています。

    2013年には世界的な著名人が数多く登壇している「TED」という大規模な講演会イベントでヨーヨーのパフォーマンスをして話題となった方で、TEDのオーディションに受かった初の日本人でもあります。

    この本を簡単に紹介すると、子供の頃は不器用で、運動も苦手、友達作りも下手だった自分がヨーヨーと出会うが、不器用ゆえにスリーパーもろくに出来ない。。。という話から始まります。

    しかしヨーヨーを諦めること無く続け、世界チャンピオンに輝くも自分の周りは何一つ変わらない。

    その後、大学、社会人とヨーヨーを続けながら普通の道を歩むもヨーヨーを本格的に仕事としていきたいという思いから会社を退社、プロのヨーヨーパフォーマー、そしてシルク・ドゥソレイユの登録アーティストになっていくという自伝となっています。

    この本に書いてある内容はTEDの中でもお話されていました。

    ヨーヨーはスキルトイといい、スキル(技能)が必要で、出来る子と出来ない子に差が出やすく、出来ない子は諦めるか、飽きてやらなくなる率が高いおもちゃです。

    それ故に定番化せず、ハイパーヨーヨーブームがおきては去り、おきては去りを繰り返しています。

    自分もなかなかトリックが成功しないとめげてくる時もあります。

    そういう時は、あるヨーヨープレイヤーの方が言ってくれた「一万回やって出来ない技はない」という言葉を思い出し繰り返し繰り返し練習しています。

    実際、一万回やらずともある程度の形は出来てきます。

    BLACKさんは諦めずにヨーヨーをやり続け、世界チャンピオンになり、シルク・ドゥ・ソレイユの登録アーティストになり、TEDに登壇するまでになりました。

    そこまで行かずとも、ヨーヨーというのは諦めずに続ければ上手くなるし、楽しくなるんだという事をまだやった事が無い人、やってみたが挫折した人に言いたいです。

    今は解説動画や情報サイトが豊富なので、良い環境が整っていると思います。

    今一度ヨーヨーに触れてみませんか?


    ↓TEDに出演した時の動画
    http://youtu.be/gnuFrtTNUTc


    ↓TED出演に関する記事(ITmediaニュース)
    SEから世界一に返り咲き 「TED 2013」に唯一出演した日本人・BLACKさんのヨーヨーと“再起”

    ↓BLACKさんのサイト
    ヨーヨー世界チャンピオン BLACK(ブラック) Official Website




    スポンサーサイト

    ヨーヨーとネクサス7

    以前、おっくんさんのヨーヨーティーチングプログラムSTYLISTを購入したというお話を軽くしましたが、今はそれを見ながら仕事の休憩中や、家で練習に励んでいるわたくしであります。

    このSTYLISTにはテキストと動画が付いてまして、どうにか手軽にどこでも見れる環境を作れない物かと思っていた所、前にネクサス7を購入していたのを思い出して引っ張りだしてきました。

    それがこれ。



    2012年の10月に販売された、ネクサス7 2012の32Gモデルです。

    秋葉原にふらりと遊びに行った時にソフマップで見かけて、つい衝動買いしてしまった一品。

    買ってみたものの、家にはデスクトップ、仕事場にはノートPC、携帯はアイフォンと、行く先でネット環境があるので大して使わず隅に転がっておりました。

    しかし!これをヨーヨー専用端末にするべく、久しぶりに電源を入れ初期設定を再度済ませ見事蘇る事が出来ました!

    ようやく日の目を浴びたネクサス7 2012…



    テキスト入れて動画も入れました。

    これでどこ行ってもヨーヨーが出来る環境が整いました。



    ちなみに最近のお気に入りヨーヨーはシャッターです。

    2014年1月の時点で気になる&欲しいヨーヨー

    ここ何か月かの間でヨーヨーの新作ラッシュが続いています。

    魅力的な製品ばかりなので全部欲しい!と思うけど、なかなかそうはいかないお財布事情…

    今回は自分が現在気になっているヨーヨー、購入を検討しているヨーヨーを紹介していこうと思います。

    2014年1月現在気になる&欲しいヨーヨー1つ目。



    C3ヨーヨーデザインのスピーダホリック。お値段1,490円

    すでに1つ持っていますが新色が出たのと、安いのに使いやすいのでもう1つ2つあっても良いと思わせてくれる素敵ヨーヨー。

    本体がポリカーボネートなうえ、お値段安いのも相まって外に持っていってガンガン振っても全然気にならないタフさが魅力。

    初期のベアリングはフラットベアリングですが、そのベアリングのままでも使いやすいです。



    他にも上のカラーなどが追加されています。


    続いて2つ目。



    サムシングのアディクション。お値段3,800円。

    同じサムシングの看板製品のアングラムという機種をベースとしていて、ポリカーボネート製の本体にメタルリムウエイトを搭載しているモデル。

    また、曲面加工ベアリングを初期搭載しているのでコスパに優れた機種であると言えます。

    見た目も格好いい!是非購入しておきたいヨーヨーの候補ですねー。

    最後3つ目



    C3ヨーヨーデザインのレベル6。お値段4,990円

    今の所自分の仲でこれが一番の本命です。

    同メーカーの城戸慎也シグネチャーモデル、クラウンのシェイプに近いらしい。

    自分はクラウンを持っているので、もしレベル6を購入したら2つを比べてレビューしようと思います。

    カラーも現在は計6色取り揃えてあります。

    C3のヨーヨーは性能が良いのもさることながら、多色展開しているので見ているだけでも楽しいですね。

    今回は3つを紹介しました。

    今後も定期的にこんな感じで紹介していこうと思います!


    ※今回の画像は全てヨーヨーストアリワインド様から拝借させて頂きました


    レプリカントEX2 レビュー

    ヨーヨーの塗装をするべく少しずつ準備を進めているわたくしでありますが、本日はそれに役立つかなと思い、購入したものがあります。

    それがこちら。



    レプリカントEX2です。

    レプリカントは美少女フィギュアを始め、色々なフィギュアの情報が載っている専門誌ですが、このレプリカントEXシリーズはフィギュアの作り方に焦点を当てている雑誌のよう。

    レプリカントEX2はフィギュアの塗装に関する内容だったので、ヨーヨーの塗装に関するヒントを得られるのでは無いかと思い購入してみました。

    この雑誌にはDVDが付いているのですが、表紙に載っている【ましろ色シンフォニー】の【瓜生桜乃】というフィギュアの組み立て~塗装をなんと約4時間にもわたって実演、解説しています。

    実演しているのは株式会社ボークスのプロフィニッシャー、狩人(かりんちゅ)さんという方です。

    キットをパーツから外す際の説明から始まり、マスキングテープの貼り方、エアブラシの使い方、エアブラシを吹く時の注意などなど、細かく丁寧に説明されています。

    フィギュアの塗装はおろか、プラモデルすらあまり触れたことの無い自分にとって大変興味深く、勉強になりました。

    ただ少し気になったのが、マイクが遠いせいか狩人さんの声がちょっと聴こえにくいw

    自分はPC+外部スピーカーなのですが、通常より相当ボリュームを上げないと聞きづらかったです。

    ノートPCとかだと音量を上げても聞き取りにくいかもしれないので、そういう方はヘッドフォンがあったほうが捗るかもしれません。

    それにしてもこれだけの内容の物を2000円で買えるなんてびっくりです。

    DVDと雑誌が連動してますので、DVDを見ててちょっと分かりにくいなと思うところが誌面で補完されてたり、塗装の種類や道具等も紹介されているので濃い内容になってます。

    というわけでまだまだヨーヨーをペイントする日は遠いのでありました。






    YoYo Girls Style レビュー

    ヨーヨーショップスピンギアより、ヨーヨー解説本YoYo Girls Styleが販売されています。

    これまでにYoYo Girls Style01、02、03と計3冊発売しています。

    本の中身はヨーヨーの機種解説と技の解説、そしてトリックを披露している女の子のイラストで構成されていて、可愛らしい絵とは裏腹に、そのヨーヨーが開発された経緯やスペックについて、どんな選手が使用しているかなど、ヨーヨーについて語っている内容は大真面目な薄い本。

    それもそのはず、これらを解説しているのはヨーヨージョーカーオーナーの島田大輔氏とヨーヨーショップのオーナー、ヨーヨーマスターのTAKA氏。

    彼ら大御所のガチな解説と、様々なイラストレーターの美しいイラストは必見でございます。

    今はヨーヨージャムとヨーヨージョーカーの機種の解説が多いですが、今後様々なメーカーの機種解説をしていってくれるのを楽しみにしています。


    これがYoYo Girls Style01。
    YoYo Girls Style1

    YoYo Girls Styleのもう一つ特筆すべき点はこの本とセットで表紙の子が使用しているヨーヨーがついてきます。
    YoYo Girls Style3
    これはヨーヨージャムのジャーニー。

    初期はピンクグリッターでしたが、これはレッドグリッター。

    YoYo Girls Styleオリジナルデザインとなっています。

    YoYo Girls Style02
    YoYo Girls Style2

    YoYo Girls Style02にはダンカンのパルスがついてきます。
    YoYo Girls Style4

    これもYoYo Girls Style特注のパルスとなってます。

    YoYo Girls Style03はまだ未購入なので写真はありませんが、付属しているヨーヨーはヨーヨージャムのシグマブレード・ツヴァイ。ヨーヨージャムに所属していた島田大輔氏のシグネチャーモデルだったヨーヨーです。

    現在(2014年1月の時点)はスピンギアの在庫は01と02は本単品、本とヨーヨーのセット共に販売中です。

    03は本はありますが、本とシグマブレード・ツヴァイのセットは売り切れになっています。

    シグマブレード・ツヴァイのセット買っておけばよかった(涙)

    関係者のみなさん、また再販してくれないですかね…?


    YoYo Girls Styleを販売しているサイト
    ヨーヨーショップスピンギア

    YoYo Girls Style公式サイト
    YoYo Girls Style

    YoYo Girls Styleの発行、編集を手掛けているTYGSの代表Chococotさんのサイト
    Chococoty


    C3yoyodesign presents: C3 Voice - all about Shinya Kido

    C3ヨーヨーデザインのスポンサードチームメンバー、城戸慎也さんのインタビュー映像がC3より発表されました。

    第一弾として城戸慎也さんが選ばれたという事で第二弾、第三弾と、C3に所属している方の声が私たちの所に届くのではないかと期待しています。

    ヨーヨープレイヤーの声というのは実際に会場に行ったり、ショップに行ったり、教室に行ったりしないと聞く機会というのはなかなか無いと思うので自分のような何処にも参加していない、私みたいなぼっちスピナーにとってはありがたい映像です。

    また、ヨーヨーを知ったばかりで何の情報を持っていない人にもこのような声というのは、ヨーヨーの世界に入りやすくなる一つなんじゃないかなと思いました。

    大会動画やPVは数あれど、インタビュー動画というのはあまり見かけないのでC3の目の付け所が素晴らしい。


    C3yoyodesign presents: C3 Voice - all about Shinya Kido
    http://youtu.be/qig9q2dgmTs


    ヨーヨーオフィサー クレヨン レビュー

    今回はリワインド福袋に入っていたヨーヨーオフィサーのクレヨンをレビュー。

    ヨーヨーオフィサーは中国のメーカー。

    中国のヨーヨーメーカーといえばC3ヨーヨーデザインやゴッドトリックスなどがあります。

    どこも低価格ながら質の高いヨーヨーを発表していて、特にC3ヨーヨーデザインは今一番波に乗っている中国メーカーなんじゃないかと思います。

    さて、そんな中わたくしの手に今あるのがヨーヨーオフィサーのクレヨンなわけですが、まずは画像から。



    CRAYONのOの部分とロゴの前後が手書き風のハートになっていて可愛らしい。

    全体的にシンプルなつくり。

    カラーはアシッドウォッシュのブルー・グリーンになります。

    次は横の画像。



    ボディはラウンドシェイプ。全体的に丸くなっていて厚みがあるのでキャッチする時に手が痛くなりにくい。

    直径は54mmなので、フルサイズまではいかないぐらいかなっていう大きさ。ぎりぎりミドルサイズになると思います。

    実際持ってみると手触りは金属って感じです。

    最近はブラスト加工やらなんやらでスベスベサラサラなヨーヨーが多いですがこれは金属って感じです。←二回目

    振ってみると傾きにくいし、スリープ力もあるし普通に使えるヨーヨーです。

    初期搭載されている曲面加工ベアリングもDif コンケイブベアリングには劣るものの、良い働きをしてくれます。

    ただ、振っていて重さが少し気になる所ではあります。

    クレヨンが約67.5g、ヨーヨーファクトリーのシャッターが67.9gとなっていますが、形状の違いからか、シャッターの方が軽く感じる気がします。

    自分的に気になったのはそのぐらいでして、高いクオリティを醸し出してるのに4,990円とびっくり価格なので5,000円以下のフルメタルを求めている人は候補に入れておいてもいいヨーヨーだと思います。

    シンプル形状が好きな人におすすめです。

    LS deco 撮影ボックス40 購入

    サイトやブログを始めてから物の写真を撮る機会が多くなりました。

    今までは地べたに置いたり、ちょっとオシャレな新聞をバックに写真を撮っていましたが、なんか恰好悪いなと思い撮影ブース的なものは無いかなと調べていた所、Amazonでこんなものを見つけました。


    LS deco 撮影ボックス40 【撮影ブース】ロールタイプ3バリエーション背景付き フィギュア撮影などに [エレクトロニクス]

    値段は定価7,000円が2,780円となっていて、なかなかお安い。

    これぐらいだと失敗してもあまり痛くないし、評判も悪くなかったのでさっそく購入。



    使わない時はこのように収納できるようになっています。



    組み立てたらこんな感じ。すべてマジックテープで脱着します。大きさは40㎝×40㎝×40㎝



    本体と背景布もマジックテープで脱着します。

    横が若干隙間が空いているのが気になるところではあります。



    背景布は折りしわにならないように丸めた状態で梱包されていました。

    背景布はグレー、青が裏表になっていて白が単色。

    グレーと青は2枚重なっていてしっかりした感じ。

    白の方は薄いので、下が少し透けてしまいます。

    もう一枚白の布か何かを敷かないと厳しそう。

    とまあ、荒い感じはするものの全体的には悪くありません。

    次は写真を撮ってみてどう映るか!本体の作りが良くてもちゃんと物を映せなくては意味が無い!

    フィギュアとかの方が分かりやすそうでしたが、我が家にはそういうものは無いので、ヨーヨーを使いました。



    それではLS deco 撮影ボックス40で撮ったヨーヨーをご覧下さい!









    なんということでしょう!

    今までとは大違いの写真が撮れてしまいました!

    いや、文字がボケてね?とか光が映り込んじゃってね?とかいうのは自分の腕が悪いだけなんですけどね。

    ライトやレフ版は使わずに、撮影ブースの後ろがちょうど窓だったので太陽の明かりと、部屋の蛍光灯のみの環境で撮影しました。

    使用カメラはデジタル一眼のNikonD40、フラッシュ発光禁止で撮影しています。

    3,000円以内でこのぐらいの写真が撮れてしまうので、撮影ブース買って良かったです。

    ていうかもっと早く買っておけばよかった!

    これからの撮影ライフが捗りそうです。




    ヨーヨーファクトリー シャッター レビュー

    三が日は特にすることが無いのでブログの更新が捗っているわたくしでありますが、今回はリワインド福袋に入っていたヨーヨーファクトリーのシャッターの感想なんかを書いていこうと思います。

    まずは画像から。



    カラーはスプラッシュのアクア・ブラック。

    綺麗な色です。

    写真では濃い青って感じですが、実際はもっと水色に近いです。



    もう片側の画像。

    シャッターは2013年全米大会チャンピオンのジェントリー・スタイン選手のシグネチャーモデル。

    低価格なのに質が良い事と、これを使用して全米大会1位を取ったので一躍人気機種となりました。

    大きさは約56mmと、一般的にフルサイズと呼ばれる大きさ。

    お値段はなんと4990円!上のスプラッシュカラーは+1,000円の5,990円!

    5,000円台のモデルで尚且つ1位を取れてしまうほどの性能を秘めているのであれば品薄になってしまうのも頷けます。



    ベアリングはヨーヨーファクトリー社製のフラットベアリング。

    実際振ってみた感想は、若干重量を感じますが、もっさりすることも無くスピードが出過ぎることも無く扱いやすい。

    尖った感じは無くプレイヤーの操作に素直に従ってくれる感じなのでコントロールしやすい。

    バインドしてヨーヨーが戻ってくる時ふわっとした感じで戻ってくるのと、全体的に丸いのでキャッチしても痛くない。

    と、普通に使えるヨーヨーなので5,000円台のフルメタルを購入検討している方は選択肢に入れて問題ないと思います。

    これは万人受けする機種なので、初めてフルメタル買おうと思っている人にも良いと思います。

    初期のデザインはカメラのレンズをモチーフとしたデザインで賛否両論ありましたが、上のようなスプラッシュも出ているのでデザインがちょっと…と思っていた人も買いやすくなったのでは無いかと思います。

    ただ、フラットベアリングが自分的にはあまりよろしくなかったので、予備として取っておいてあったコンケイブベアリングを入れました。



    格段に使いやすくなりました。

    10,000円以上のヨーヨーは外に持っていくと盗難や破損などの不安を覚えてしまうのですが、シャッターは5,000円台なので気軽に外に出せるお外用のメインの一つになりそう。


    以下の動画はジェントリー・スタイン選手がシャッターを使用して1位を取った全米大会の動画です。
    USA National 1A Champion 2013 Gentry Stein
    http://youtu.be/hzCmt9tvzik


    リワインド 福袋 2014 完全おまかせ(中) 開封

    昨年、リワインドから福袋が12月26日14時と19時の2回に分けて販売されました。

    事前に調べたところ、リワインドの福袋は評判が良いという話だったので売り切れを恐れ、13時頃にはPCの前で待機していました。

    福袋の種類は、

    福袋(小)5,000円
    福袋(中)10,000円
    福袋(多)10,000円
    福袋(大)20,000円
    福袋(特大)50,000円

    となっていました。

    ヨーヨーの入っている数の多い(多)や20,000円の方とも悩みましたが、初めてという事もあって10,000円の(中)を選択。

    そして14時になって販売開始された瞬間に即購入。

    無事に買うことができましたが、後でみたらそこまで焦らなくても平気だったというwww

    1月1日9時30分にクロネコさんから無事に荷物を受け取ったのでこれから福袋の中身を公開していこうと思います。

    今年最初の運試し。

    外箱。


    まず取り出したるはー



    リワインドで品物を購入するとついてくるお手紙とりわいんどにゅーすれたー。

    お手紙は今年午年なので、可愛らしい馬のシールが貼ってありました。

    いつもお手紙ありがとうございます。こういうちょっとした心遣いがうれしいです。

    そしてC3ヨーヨーデザインのパンフとステッカー。

    ステッカーは通常ならリワインドのロゴステッカーをくれるのですが、去年の11月はジャパンテクノロジーのイーグルアイとハイブリード。12月はリワインドロゴとクラウン。そして1月がレベル6と城戸慎也さんのステッカーと、一月ごとにリワインドステッカーシリーズと称して変わっていってます。

    城戸慎也フェイバリットな自分としては慎也さんのステッカーはうれしい!



    そしてもう一つ付いてきたのがポスター。



    色々なヨーヨーが載ってて見てると楽しくなります。


    それではさっそく中身を拝見していきます。



    まず一つ目!



    ワードのブループリントストリング。

    リワインドのサイトを見ても販売されているのとは違うので、おまけ的な感じなのかな?

    自分はいつもKストリングのノーマル白を使っていて、ワードとかのストリングは考えた事無かったのでどんなものか試すのにいい機会ですね。



    次に二つ目!!



    ヨーヨーファクトリー プロトスター。

    バインド入門機種として評価の名高いジョン・アンドウ氏シグネチャーモデルプロトスター。

    2009年に発売されるも未だに新色が出る人気機種。
    最近ではグロウやクリアブラックなんかも出ました。

    自分が始めて手にしたバインド機種で思い出深い機種。

    そういう訳で1個所有していますが好きなヨーヨーなので何個あってもいいのですが、


    僕が持ってるの、同じ色なんすよwwwwwwwwww



    さあ、三つ目!!!



    エアロヨー ターボフライ。

    オフストリングヨーヨー入門機として、尚且つオフストリング機としては初のハブスタック搭載の遊べるヨーヨーターボフライ。

    4Aは未経験な自分ですが、最近はイーグルアイやハイブリードなどのオフストリング機がどんどん発売されているので、あんたも流行に乗るんやで的な感じで入れていただいたのかなw

    缶のパッケージがヨーロッパらしくて?お洒落。



    四つ目!!!!



    ヨーヨーオフィサー クレヨン

    メタル入門用に最適な低価格帯のヨーヨー、クレヨン。

    ヨーヨーオフィサーの機種は今まで買ったことが無いので初めてになります。

    曲面加工ベアリングが初期搭載されてたり予備パッドが付属するなど、なかなかの親切っぷり。

    色はアシッドウォッシュのブルー・グリーンになるのかな。

    後日振った感想を書こうと思います。



    五つ目!!!!!



    ヨーヨーファクトリー ループ1080

    2A世界チャンピオン高田柊(タカダシュウ)選手のシグネチャーモデル。

    出ました、ループ系のヨーヨーでボルテクスと1、2位を争うガチルーピングヨーヨー、ループ1080!

    過去の記事ヨーヨーファクトリー ループ1080購入でも書いてある通り、自分もリワインド限定verのループ1080を2個所有していたりします。

    このカラーは最初の方のロットになるんですかね。



    六つ目!!!!!!



    ヨーヨーファクトリー ループ1080 リワインド限定ver

    キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

    なんと2個目のループ1080!!!しかもリワインド限定ver!!!!!

    これで我が家にあるループ1080が4つになり、そのうちの3つがリワインド限定バージョンになりましたwwwww

    2Aはあまりやらないのですがこれはうれしい(^ω^)



    ではでは次が最後のヨーヨーになります。



    七つ目!!!!!!!



    ( ゚д゚) ・・・
     
    (つд⊂)ゴシゴシ
     
    (;゚д゚) ・・・
     
    (つд⊂)ゴシゴシゴシ



      _, ._
    (;゚ Д゚) …!?


    キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!


    ヨーヨーファクトリーのシャッター!!!!!!!!

    まさかこれが入ってるとはwwwwwwwwww

    これはこの福袋のド本命ですわ!

    シャッターは、ジェントリー・スタイン選手のシグネチャーモデルで、安価で性能が高いという事で人気で品薄な機種の一つです。

    全米大会でも優勝しているのでなおさら人気に拍車がかかっている感じです。

    これ書いてる時でも2013年の最後らへんに新しく出たスプラッシュカラーしか在庫が無いところが多いんじゃないかと。

    そんな中スプラッシュのアクア・ブラックを福袋に詰めてくるとはリワインドの本気が垣間見えた気がします。。。

    しかもスプラッシュは通常のカラーよりも1000円高いんです。

    リワインド恐ろしい子…!

    あまりにも評判が良いので買おうかどうしようか迷っていた時期があったんですが、なんとなく機を逃してしまっていたらまさか、ここで出会えるとは。

    アクア・ブラックっていい色してますねー。大事にしていきます。

    これも後日振った感想を書いていこうと思います。


    というわけで、六つのヨーヨー+ストリングが入っていわたけでありまして、次はいやらしい話で恐縮ですが、10,000円の福袋にいくら分のヨーヨーが入ってたか以下にまとめました。

    (値段は全てリワインドHPより参照)

    ①ワード:ブループリントストリング
    ?円
    ②ヨーヨーファクトリー:プロトスター
    3,990円
    ③エアロヨー:ターボフライ
    2,990円
    ④ヨーヨーオフィサー:クレヨン
    4,990円
    ⑤ヨーヨーファクトリー:ループ1080
    2,490円
    ⑥ヨーヨーファクトリー:ループ1080リワインド限定ver
    2,490円
    ⑦ヨーヨーファクトリー:シャッター
    5,990円
    合計22,940円

    商品説明欄に20,000円相当の物を詰めていると記載されていましたが、いざ開封してみると満足感はそれ以上です。

    20,000円、50,000円レベルの福袋になるとどうなってしまうんでしょう。

    今回リワインド福袋を購入して思った事は金額以上の商品をただ入れてるんじゃなくて、流行などを考慮してうまくツボをおさえた選定をしているなと思いました。

    評判が良いのも分かった気がします。

    また機会があったら参加したいと思います。

    以上、いかがだったでしょうか!

    私は仕事始まるまでこれらで遊び倒そうと思ってます。


    <PR>
    ホビー・フィギュア通販

    検索フォーム

    プロフィール

    104

    Author:104
    年齢:30代
    出身:東京
    趣味:ヨーヨー、読書、一人旅
    ヨーヨーに特化したサイトyoyoreviveの管理人をやっています。

    ヨーヨー経歴

    2010年
    20代後半にして初めてヨーヨーに触れる
    (その時はハイパーヨーヨー)

    2010年
    仕事等が忙しくなり基本トリックを覚えたあたりで終了

    2013年6月頃
    再びヨーヨー熱が高まりトリックの練習と共にプラやメタルなど手当たり次第に収集を始める

    2013年10月
    yoyoreviveの運営を開始
    (2014年11月現在休止)

    2013年12月
    サブカルremixを立ち上げる

    2015年
    現在に至る

    最近のお気に入りヨーヨー
    クラウン


    コメントはお気軽にどうぞ!

    リンクはご自由にどうぞ!

    リンク報告、相互リンク依頼、その他問い合わせについては以下のメールフォームをご利用ください。
    返信が必要な場合は後日ご連絡させて頂きます。
    yoyorevive、サブカルremix専用メールフォーム

    ランキング参加中

    ランキングサイトに参加しています。
    よかったらポチッとお願いします!

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    最新記事

    国産ヨーヨーメーカー一覧










    最新コメント

    最新トラックバック

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。